カジノでの犬に関するルールとは?

ペット、特に犬や猫を飼っている大半の人は、彼らを家族の一員として考えています。そして、旅行中にペットを保護施設に預けることに前向きでない人もいます。

そのため、旅行先でカジノを楽しみたいけれども、ペットも連れて行きたいと考えている方は、どのホテルやカジノリゾートが犬の同伴を許可しているのか、事前によく調べておく必要があります。

ラスベガスのカジノにおける犬のルール

基本的にラスベガスのカジノには、犬を同伴して入場することはできませんが、カジノ併設のホテルで、犬と一緒に宿泊できるペットフレンドリーなホテルはたくさんあります。それらのホテルでは、自分が遊んでいる間、犬を部屋に置いておくことができます。

犬はトラブルを起こす可能性があるなどの理由で容認されていません。 意図していなくても、他のプレイヤーに迷惑をかけてしまうペットもいますし、人懐っこすぎてカジノ内のゲストに迷惑をかけてしまうこともあります。また、犬は大声で吠えることがあり、飼い主が止めようとしても理解できない犬もいます。

犬にとってカジノは、見知らぬ人がたくさんいる場所なので、常に吠え続けることになりかねません。そうすると他のプレイヤーが集中できなくなったり、ゲームに負けたり、お金を失うことにつながる可能性があり、彼らの迷惑になったり、苛立たせてしまいます。

また犬は種類が多く、小型犬から大型犬まで様々です。大型犬は多くのスペースを必要とするため、プレイヤーが座ることのできる場所を占領してしまいます。また、プレイヤーの気が散ることもあります。そして最後の理由は、犬を怖がる人も多く、一緒にいると落ち着かない状況になることです。犬の近くにいると不安を感じる人もいるほどです。

そのため、カジノで同伴が許可されているのは介助犬のみとなっています。

介助犬

介助犬は、カジノエリアでの同伴が可能です。障害のある人たちに対する差別を防ぐために、ほとんどの州で障害のある飼い主が犬を連れて行くことを許可する法律が制定されています。介助犬は、あらゆる環境や状況で行動できるように訓練されており、社会にも適応できるからです。

しかし、飼い主はそれを確認できる書類を持参する必要があります。カジノのなかには、犬が立ち入れる場所について独自のルールを設けているところもあります。ペットに対応した屋外エリアのように、犬が遊んだり走ったりできるエリアが設計されているところもあるようです。ただし、ご自分の犬が他のゲストを攻撃したり、損害を与えたりしないように、飼い主は必ず犬の行動を管理できることが条件となっています。そうでなければ、カジノ側が飼い主に退場を促す権利があります。

ラスベガスでペット同伴が可能なホテル

介助犬の必要はないけれど、ペットを旅先に連れて行きたい場合は、ペット同伴が可能な宿泊先も多数あるので大丈夫です。

愛犬と一緒に、でもリーズナブルにラスベガスを満喫したい方にお勧めのホテルがハラーズ ラスベガスです。このホテルでは、ペットを預かってくれる部屋が用意されていますので、ご希望の方はぜひお試しください。

リオ オール スイート ホテル & カジノにも、ペットを預かってくれるサービスが用意されているだけでなく、必要に応じて子犬用のおトイレ設備、マット、ドッグフードと水のボウルが提供されます。また、ウェスティン ラスベガス ホテルでは、上記2件のホテルとは異なり、すべての部屋がペット対応なので、特定の部屋を予約する必要はありません。

最後の1つは、ラスベガスの有名リゾートで、ペットに対応しているシーザーズ パレスです。犬を預かるサービスや、犬を散歩できるエリアへのお出かけサービスなどがあります。